サーバ&DB

WordPressをクラウドやVPSで運用するときの設定メモ(備忘録)

wordpress サーバ設定

WordPressをクラウドやVPSを使って運用するときの設定メモです。新しくサーバを作成したときに忘れがちなので、備忘録かつリストアップのみなので、詳細は都度ググってくださいという不親切記事です。。。すみません。

  1. LAMP環境を構築する
  2. MySQLは InnoDBを利用する
  3. rootでログインできないようにする
  4. FTP環境を作らずにSFTPのログインで良いと思う
  5. phpMyAdminを入れる(あれば楽)
  6. ApacheやDB、phpのログローテーション設定
  7. ログを一定期間で破棄する設定(ディスク容量が肥大化しちゃう対策)
  8. サーバ監視(Muninなど)を入れて、負荷チェックと死活監視などエラー時に連絡がくるように設定する
  9. muninをinstallしてmysqlを監視するならperl-DBD-mysqlを入れる
  10. OPcache、APCuをインストールする(PHP高速化)
  11. ApacheとDB(MySQLやMariaDB)の設定ファイルを変更し最適化
  12. MySQLTunerを入れて微調整
  13. MySQLを自動で最適化する(mysqlcheck × cron)
  14. Apacheのgzip圧縮設定
  15. Apacheのキャッシュ設定(mod cache)
  16. Apacheをevent MPM+php-fpmに変更する
  17. postfix設定(main.cf設定ドメイン登録)
  18. hostnameにドメイン登録(network再起動)

随時、追加削除していく予定です。。

この連載記事はかなりオススメです。

WordPress自体のチューニングが必要な理由と高速化の基本的な考え方

コメントを残す