Webサービス&SEO

ペニーオークションの詐欺、ステマで登場人物が全て残念な件まとめ

webサイト

ペニーオークションサービスの「ワールドオークション」が不正に入札できない仕組みで逮捕されました。それに伴って、「ワールドオークションで入札できちゃいました〜!」みたいなブログ記事をあげていた芸能人が多数発見され、ネットはお祭り状態。TVでも大々的に報道されることに。

ペニーオークション運営者逮捕、宣伝に加担したタレントたちの対応は・・・
http://getnews.jp/archives/278285

この事件はWebサービスを運営する上で気をつけなければいけないことを多く含んでいるのですが、今回のペニーオークションの詐欺、ステマ事件でで登場人物が全て終わっている=最低の対応だったので、備忘録的にまとめ。

ちなみにペニーオークションはサービス形態の名前で、今回逮捕されたのはワールドオークションというペニーオークションサイト。現状では、不正に入札を操作したことで逮捕されたということで、ペニーオークション自体は”現時点では”逮捕されていません。

ペニーオークションのワールドオークションのダメさ

まぁシンプルに入札を操作したことでアウト。ペニーオークションはおもしろいビジネスモデル。遊ぶ分にも楽しいと思う。

不正に操作しなくても利益は出せそうですが、不正に操作して落札できないようにする=景品を用意しなくていいので、楽だし儲かりますね。

ペニーオークションでは普通に落札させまくって、ユーザを増やしていくとおもしろいことになりそうだなと思いますが、なぜできなかったのか。。

というか、ペニーオークション自体が景品表示法(景表法)や賭博に該当する恐れがありそうなので、日本では大きく儲けるとヤラれるだろうなぁ〜とは思っていたので、まぁ今回も全力でいかれましたね。。

宝くじや競馬などの公営ギャンブルを各省庁が仲良く分けて管理している国なので、賭博系には厳しいはずです。

ステマ(ステルスマーケティング)した芸能人のひとたちのダメさ

芸能人はイメージというか、人間自体が商品。知名度はお金になりますが、それを5〜30万円程度で記事にしちゃったのが、芸能人としてというか人間としてアウト。

頼まれて断れなかった〜とか言っていますが、

“詐欺のサービス”を、使ってもいないのに、使ったかのように見せかけた記事を公開した。

ペニーオークションという聞きなれないサービスであり、マスコミの報道もピントがズレていますが、これって結構大切なこと。

ペニーオークションを”オレオレ詐欺”に読み替えると納得しやすい。

オレオレ詐欺幇助の記事をアップしていると、どうなるのか?

そしてなんだかみんな知人に言われた・・と言っているのが・・・・

まぁ、そもそも使ってもいないものを、良かったよ〜ってお金を貰って紹介するとか、人間としてどうなの?というお話。ファンをバカにしすぎでしょ。

紹介してカモになるかもしれないのは、ファンなのに。。

ブログサービスのダメさ

まだステマした芸能人たちのブログが公開されている。(12月14日13時時点)

以下、Amebaの利用規約と引用。

http://helps.ameba.jp/rules/post_104.html

第12条(禁止事項)

1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、以下各号の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
(1) 弊社又は第三者の著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権を侵害する行為。
(2) 他の利用者、弊社又は第三者に何らかの損害を発生させ、その他一切の不利益を与える行為。
(3) 犯罪行為又は犯罪行為に結びつく一切の行為。
(4) 公序良俗に反する行為。
(5) 法律、法令等に違反する行為。
(6) 弊社の承認を得ずに行なわれる、営利を目的とする行為。
(7) 本サービスの運営を妨害する行為又は本サービスを誹謗中傷する行為。
(8) 弊社又は本サービスの名誉及び信用を失墜させ、毀損する行為。
(9) 虚偽の情報を登録及び掲載する行為。
(10) 会員登録希望者又は会員の登録情報、認証情報等を不正に利用する行為。
(11) キャンペーン及びアンケート情報を意図的に侵害する行為(一部弊社が許諾している会員は除く)。
(12) その他、弊社が不適切と判断する行為。
2. 利用者が前項各号のいずれかに違反した場合、弊社は、当該利用者に対し、その行為により弊社が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含みます)の賠償を請求できるものとします。

おもいっきり該当していると思うのですが、Ameba大好き芸能人だから該当させないということ?

他のユーザへの影響を考えると、すぐにアカウント凍結だと思うのですが?

ワンクリック詐欺や、オレオレ詐欺を助長する記事をアップしまくっても、Amebaは記事削除されないということかな?

サービスを守る、ユーザを大切に考えるのであれば一罰百戒で、有名人であろうがなかろうが罰するべきでしょ。

ユーザ、記事の書き手、読み手よりも、その芸能人のPVが大切だよ!って事情以外であれば、アカウント凍結する結論になるはず。

完全にユーザがバカにされてますよね。。

最悪、凍結して、新しくアカウント作っても良いわけで。。

とまぁ、登場人物は見事に残念ぞろいのこの一件。

今後の登場人物の動きに期待します。

コメントを残す