WordPress

wordpressのお問い合わせフォーム用プラグイン『Trust Form』の設定と使い方

Trust Form

wordpressのお問い合わせフォーム用プラグイン『Trust Form』を導入してみたので、設定と使い方を紹介します。

お問い合わせフォーム用プラグイン『Trust Form』導入の経緯

他のwordpressを利用サイトではお問い合わせフォームプラグインとして圧倒的な人気の「contct fom 7」を利用しています。

「contct fom 7」は設定も簡単で良かったのですが、確認画面がないのでエンターキーを押してしまうと送信されちゃうという弱点があり、中途半端なフォームが送信されくることがありました。自分でJavascriptなどで確認アラートで作ろうかと考えていたのですが『Trust Form』を知ったので導入してみました。

お問い合わせフォーム用プラグイン『Trust Form』導入と設定、使い方

『Trust Form』のダウンロードは以下から。

Trust Form

FTPアップロードかプラグインの新規登録から有効化すると、左メニューに『Trust Form』という項目ができます。

Trust Form menu

Trust Form menu

「フォームの新規作成」を押すと、こんな感じの画面がでます。

Trust Form 管理画面

一瞬戸惑ったのですが、以下、設定方法。

  1. 上部フォーム名に名前を記入。
  2. フィールドから利用したいお問い合わせパーツをドラッグアンドドロップして下さいと書かれている部分に、ドラッグアンドドロップする。
  3. ドラッグアンドドロップしたフィールドをクリックするとフォーム名の変更ができます。
  4. ドラッグアンドドロップしたフィールドをクリックした右上部にある歯車マークを押下すると、フォームの詳細を設定できます。Trust Form フィールド 詳細
  5. 必要な要素を、どんどん設定していき、更新ボタンをクリックすれば、問い合わせフォーム作成完了。確認画面や完了画面のテキストも登録でき、文字内にHTMLも記載できます。今回は簡単なフォームなのでこんな感じ。Trust Form 設定完了
  6. 更新を押すと最上部に「右のタグをコピー&ペーストして投稿またはページに挿入して下さい」という文言とともに、コードが出てきます。例:

  7. 上記コード(ショートコード)を新規ページなどの本文に記載Trust Form 掲載
  8. これでTrust Formの設定完了です。
  9. CSSなどでレイアウトの設定や、必須入力の有無、文字数制限なども設定できます。

お問い合わせフォーム用プラグイン『Trust Form』設置

こんな感じになりました。なかなかデザイン綺麗ですね。本サイトのCSSも反映されていますが。

Trust Form 設置

実際に設置したフォームはここです。

お問い合わせ

必須項目が入力されていないと入力チェック(バリデーション)してくれます。

Trust Form バリデーション

お問い合わせフォーム用プラグイン『Trust Form』感想&注意点

慣れるとサクサクフォームが作れそうですし、汎用性も高そうなので結構使えそうです。

ですが、なぜか上記設定だけだとお問い合わせが重複して登録、お問い合わせがあったメールも2件、管理画面上も2件表示されてしまいます。

また、上記では固定ページの本文に「お問い合わせは以下のフォームからご連絡ください。」と記載していますが、画面遷移しても表示されてしまうので、上記のような文言はTrust Form内に記載する必要があります。

スマートフォンからでも送信できました。ガラケーは本サイトが本格対応していないので、わかりません。。

ちょっと時間があるときにでもまたイジってみますが、対策を知っている人がいれば教えてください!

コメント

  1. るるる より:

    Trust Formをインストールして、内容を設定して「更新」ボタンを押しているのですが、更新されません。たまたま、自分のパソコンのみができないのか?それとも、Wordpressの特定のバージョンでないと「更新」ボタンが実行できないかを確認していただきたいです。

    現在、WordPress 3.7.1 を使用中です。

コメントを残す